美しき日本のデザインに包まれて・・・・
ホームインテリア寿壺への想い
 亡き父が亡くなった夜 
 葬儀社の方が呈されるカタログの中から
 父に相応しい骨壺がありませんでした。

 父は明るく暗い事が嫌い・・・
 その時やっと一番いい骨壺を
 選び天国に見送りましたが 
 それからずっと
 その想いは続き きっと私のように
 考えられる方も多いのではと
 インテリア寿壺(生前骨壺)を制作いたしました。

 インテリア寿壺のデザインは 
 決して暗いものではなく
 明治伊万里の文様のデザインです。

 京都の名僧からご教示いただきました。
 
 葬儀は 『晴れの日』なんですよ。
 明るい骨壺でいけないことはないとおっしゃいます。

 その方に相応しい骨壺・・・

 日本に生まれ日本で育ち 
  
 日本人として人生を全うされた
 
 方々に 世界を魅了した 明治伊万里(明治時期西欧に
 伊万里港から海を渡っていった
 
 美しい有田焼)の日本の美しさを
 
 描かれた骨壺に美しき日本として入っていただきたいとの
 
 想いでございます。

 



 
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス